節税まだ間に合う!【ふるさと納税】和歌山県有田市のうなぎがお得!

ふるさと納税で節税して、自治体も応援できるということで、お得なことばかりのふるさと納税ですが、たまたまお願いした和歌山県有田市のうなぎがお得でした。


【ふるさと納税】和歌山県有田市のうなぎ

ふるさと納税で和歌山県有田市に1万円を寄付すると御礼にもらえるうなぎです。
スーパーで同じぐらいのを購入したら5000円はするかな?ぐらいのボリュームです。
そして美味しい。和歌山県産の山椒もすごく刺激があり美味しくいただけました。
御礼品の発送は年明けてしまいますが、年内にクレジットカード決済をすませば今年の節税になりますよ。

【ふるさと納税】国産うなぎ蒲焼3種セット

カテゴリー:web

クラブW杯、鹿島から学んだ 浦和レッズ・GK西川周作

 今季もJ1では最後に悔しい思いを味わいました。チャンピオンシップ決勝第2戦で敗れた後、すぐ映像を見ました。悔しさを目に焼き付けるため、そして改善点を探すためです。

特に考えたのは1失点目。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12725763.html (笑顔で守りたい)クラブW杯、鹿島から学んだ 浦和レッズ・GK西川周作 – 朝日新聞

2017年はJ1、ACLを両制覇!

短時間睡眠は時代遅れ

「7時間半ならそう問題なくやれる。7時間だと落ち始める。6時間は最適以下。5は大問題。4ならゾンビだ」
短時間睡眠は時代遅れ 名だたるCEOが8時間宣言 日経Gooday 30+
睡眠不足は良くないです。無理に短時間睡眠するのは全くオススメできません。
8時間が絶対良いわけでもなくて、人それぞれ、その人に合った睡眠時間があると思います。
毎日4~5時間の睡眠を長く続けるのはあまり良くないように思います。
現に、数日前、毎日4時間ほどの睡眠を続けていた、元サッカー選手の中西 哲生氏も倒れたばかり。
「4時間睡眠は駄目だった!もっと寝よう!」と自ら言っています。
 
私はよく「いつ寝てるの?」と不思議がられてしまう生活をしておりますが、時には睡眠不足なこともありますが基本的には睡眠不足では無く、早寝早起きなだけです(^^;
 
眠ることは小さい頃から大好きで、ずっと寝ていたい人なのですが、長く寝ていたくても首肩腰が傷んでしまって長く寝ることがでないのです。
カテゴリー:web

釜石市ラグビーこども未来基金で個人住民税と所得税を軽減しつつ2019ラグビーワールドカップを応援!

岩手県釜石市。東日本大震災で大きな被害を受けた街です。ラグビーの街、鉄の街でもあります。

2011年6月当時の写真はこちらからご覧になれます。

新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)という最強のラグビーチームがあった釜石はラグビーの街ということもあり、平成27年にラグビーワールドカップ2019開催都市に決定しました。

そんな釜石市では「釜石市ラグビーこども未来基金」という寄付金を募っております。

釜石市ラグビーこども未来基金とは

釜石市ラグビーこども未来基金の使途は、ラグビーワールドカップ2019の開催に関連する活用と、ラグビーを活用したまちづくりに活かされるそうです。

釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)常設席の個席に銘板を設置できます。

釜石市ラグビーこども未来基金に個人で5万円寄付をすると、ラグビーワールドカップ2019の会場となる「釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)」常設席の個席に銘板を設置することができます。

寄付者名以外も可能で、連名なども可能なのだそうです。

こちらは個人先着2,000名までとなっております。

企業団体の場合は団体500,000円以上 ・法人1,000,000円以上の寄付で芳名の銘板を競技場用地内に設置することができます。

個人の寄付は確定申告で控除を受けることができます。ここ数年で人気のある「ふるさと納税」を釜石のラグビーワールドカップを応援する意味で「釜石市ラグビーこども未来基金」に寄付をしてみてはいかがでしょうか。

詳しい内容は釜石市のホームページをご覧ください。

釜石市のホームページはこちらからどうぞ。

カテゴリー:web

RICOHのTHETAなどで撮影した360度全天球写真を表示するWordPressプラグイン「Cardboard」

和歌山にお住まいで世界的にWordPressの凄い方である宮内さんが開発したWordPressプラグイン「Cardboard」です。

RICOHのTHETAなどで撮影した360度全天球写真をすることができます。

早速試してみたいと思います。

こちらは2016年夏に撮影した岩手県釜石市、2019年ラグビーワールドカップの会場となる釜石鵜住居復興スタジアム建設現場付近の全天球写真です。

こちらは岩手県にある葛巻町という町です。

綺麗に360度回転して表示されているようです。これは嬉しいですね。

 

WordPressプラグイン「Cardboard」の使い方

以下のURLからWordPressプラグイン「Cardboard」をダウンロードしてインストールします。


https://wordpress.org/plugins/cardboard/

WordPressプラグイン「Cardboard」をインストールして有効化したら、あとは投稿するだけです。

投稿時にRICOH THETAなどで撮影した360度全天球写真をメディア追加して、投稿に反映させます。この時にフルサイズを選びましょう。

フルサイズを選択して投稿に反映させると以下のように投稿にショートコードが挿入されます。

ただこれだけ!!

本当に有り難いプラグインです。

他にも、cardboard id=”xxx” というショートコードを入力して、xxxの部分を360度全天球写真のアタッチメントIDを入れればOKのようです。

このWordPressプラグイン「Cardboard」を利用するまでは360度全天球写真を掲載できる場所が限られていたので、RICOH THETAを頻繁に利用していなかったのですが、これで活用が広がりそうです!宮内さん、素晴らしいプラグインをありがとうございます!

 

RICOH THETAをAmazonでチェック


RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ

カテゴリー:web