【読了】治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ 高山 知朗


治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ 高山 知朗

株式会社オーシャンブリッジ高山さんの2度にわたる癌の闘病記。

私の尊敬するラガーマンが今まさに癌と戦っていて、先日お誘いいただいたモダフルナイト2016で高山さんが本を紹介されていたので、何かヒントになるものはないかと、早速注文して読ませていただきました。

第一章から第二章に進むにつれ壮絶になる闘病記に、読んでいて辛く、「自分が同じ立場だったら…」「何も出来ずに、何もしてあげられずに癌で亡くなった父だったら…」「いま癌と戦っているラガーマンだったら…」と照らし合わせて涙しながら読みました。

「娘の二十歳の誕生日においしいお酒で乾杯してお祝いする(のちに、娘の二十歳の誕生日に、娘と妻と一緒に。となります)」という目標を達成するために力強く生き抜いて、生きることを勝ち抜いた高山さんなのですが、もし自分が癌と戦うことになったとき、私も妻子がいて、もちろん妻子とずっと、できるだけ一緒にいたいから、それを目標にして戦うのでしょうけど、高山さんのようにここまで強く戦い抜けるのか…正直自信がありません。
父の闘病も見てきたこともあり、その辛さは多少理解しているのでなおさらです。
しかし、「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を読むことができたことで、戦い抜けそうにも思います。

第三章では、高山さんの癌と戦った経験から、患者としてどうあるべきか、何をすべきか、どのような思考を持つべきが書かれてます。

癌が身近にない人にもとても良い本で、強い気持ちやポジティブな思考について勉強になります。

私もいつか癌になるのだろうと思いながら読んでいたのですが、それはよくない思考だったようです。

思考は現実化するし、ネガティブは思考は良い事がひとつもないですね。

この本をいま癌と戦っているラガーマンに御土産として持っていくか、ご家族の方に持っていくかは、まだ私の中で判断がつかないのですが、私自身は読めて良かったと心から思います。

さぁ体調も良くなってきたし、はやく御見舞にいかないと!

2019年ラグビーワールドカップを一緒に観戦するという約束を達成しましょう!

治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ 高山 知朗 をAmazonで見る

カテゴリー:BOOK

世界で通じる子供の育て方 : サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス

FCバルセロナキャンプ&スクール、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジを主宰する浜田満さんの本。

世界で通じる子供の育て方 : サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス

実際、サッカー選手を目指す(目指させす)子供の親だけではなくて、子育てをする全ての親への良書。

カテゴリー:BOOK

ワタミの失敗 「善意の会社」がブラック企業と呼ばれた構造

本書執筆にあたっては、次の3つの条件をワタミ側に受け容れてもらった。

「私のこれまでのスタンスは変えない」
「私の発言を規制しない」
「ワタミにとって都合の悪い情報も包み隠さず出してもらう」

ワタミ側も応諾し、本書が完成した。

https://twitter.com/nittaryo/status/773769716372414466?lang=ja

 

カテゴリー:BOOK

君の名は。が心から抜けないあなたにオススメ月刊MdN 2016年10月号(特集:君の名は。 彼と彼女と、そして風景が紡ぐ物語 / 新海誠)

月刊MdN 2016年10月号が64ページを使って君の名は。の特集をしてます。クリエイティブからの視点でかなりオモシロイです。
君の名は。が心から抜けないあなたに是非オススメの一冊。

IMG_20160906_095143月刊MdN 2016年10月号